ウィッグの自然なかぶり方・見せる方法

ウィッグを被るときに気になるのが自然に見えているかどうか
特に初心者の方にとってはどのようにしたら自然に見えるのか
自然にかぶれるのか気になりますよね。

今回はウィッグの自然なかぶり方や見せる方法をご紹介します。

ウィッグの基本的なかぶり方についてはこちらを参照してください。
⇒ウィッグのかぶり方

まず自然に身せる為に必要なのはウィッグのネット!
最近ではウィッグを購入すると付属についてくることが多いので
必ず専用のウィッグネットを使用してください。

しかし髪の毛の量が多くてなかなかまとまらないことありますよね。
ネットでまとめても少しウィッグが浮いてしまう…

こんな方にお勧めの裏技が「水泳帽」!
ウィッグのネットで自然にかぶれない方にはおすすめです。

ネットだと均一にまとめるのが大変ですが
水泳帽を使用すると、綺麗にまとめなくても
意外と髪の毛が均一にまとめることができますよ。

おすすめなのは自分の頭のサイズより一回り大きいもの。
きつきつの水泳帽だと頭が痛くなることもあるので
少し大きめのものだとしめつけもあまりなく良いですよ。

水泳帽であれば100円ショップにも売っているので
安くて簡単にウィッグを自然にかぶることができますよ。

もし水泳帽ではなくてウィッグのネットで自然にかぶりたい場合は
ネットを被ったあと髪の毛のボリュームをなるべく均一にすること。

そして髪の毛がぽろぽろと落ちてくる場合などは
ピンでしっかりと固定させることです。

特に前髪や生え際などは落ちてきやすい場所なので
ピンでしっかりと止めて、きれいにおでこを出して下さい。
水泳帽よりも手間がかかりますが、ピンをしっかりと止めることで
自然できれいに見せることができますよ。

地毛の髪が長いかたのまとめ方ですが、ゴムで縛ってまとめるのではなく
かならずピンでまとめるようにすること。
ゴムで縛ってまとめてしまうとポコンと浮いてしまう場合があります。

お団子のようにくるくるとまいていき、お団子の上からUピンでとめて
ネットをかぶると浮くこともなくなりますよ。

ウィッグを自然に見せる方法としては、髪をペタンコにしないこと。
綺麗にまっすぐにするとつむじの部分からウィッグ感が
わかることがあります。

なので、少しフワっと空気を含ませてあげると自然に見えます。
少し空気を含ませることで、ウィッグのテカリも
目立たなくなりますし、つむじ部分もより自然に見えますよ。

ロングのウィッグも少しほぐして空気を含ませるだけで
より自然に見せることができます。

ほんのひと工夫からウィッグを自然に見せることができるので
是非試してくださいね。

⇒おすすめのウィッグランキングはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年8月22日 ウィッグの自然なかぶり方・見せる方法 はコメントを受け付けていません。 ウィッグについて