ウィッグを染めることはできるのか?

おしゃれアイテムとして様々なウィッグを持っている方は多いと思いますが
どうしても自分の思うカラーがない!と思ったり
ウィッグをカラー剤で染めて新しい色にしよう!と思ったりする場合があります。

そもそもヘアーウィッグを染めることってできるのか?
この疑問を検証していきます。

ウィッグには使われている毛の種類によって染めることがNGの場合も
ありますが、もちろん染めることができるウィッグもあります。

種類としてはおおまかに2種類、人毛ウィッグと人工毛ウィッグ。
人毛ウィッグであれば染めることは可能です。
人間の髪と同じ毛髪を使用しているので、基本的には自分の髪と
同じように染めることができます。

ただし、やはり地毛と同じではありません。
私たちの髪は生きていますので、それにあわせたカラーリングとなり
ウィッグの場合は染まり方などに色ムラが生じることがあります。

プロに頼めば違いますが、やはり自分でカラー剤などを
使用すると思ったようなカラーにならないことがあります。

では人工毛のウィッグであればどうでしょうか。
おしゃれアイテムとして使用しているウィッグはほとんどのものが
染めることはできないようになっています。

耐熱性、非耐熱性どちらのファイバーを使用していてもかわりません。
カラー剤などで染めることや脱色することはできません。

実際に試しにカラー剤などで染めた方もいるようですが
ウィッグの毛が傷んでしまうのでしないようにしましょう。

ウィッグにはウィッグ専用の染め剤というのがあります。
ダイロンという染め剤がありますが
人工毛のファイバーの種類によって使用できるものと
できないものがありますので、ご自分が持っている
ウィッグがどのファイバーなのか調べた方が良いです。

コスプレウィッグなどに使用することが多いですね。
ただし、染めるのに結構手間がかかりますので
自分の気に入った色がない場合に使用すると良いです。

他にもウィッグを染めることはできませんがカラーをつけることはできます
ヘアカラースプレーですが、ただし、均一に染めることはできませんし
洗って落とすのにも時間がかかり痛める原因になってしまいます。

おしゃれアイテムとしてウィッグを使用する場合は
染めることよりも、自分のお気に入りのカラーを
ウィッグ通販店などで探した方がよさそうですね。

こちらに激カワウィッグのランキングが掲載されていますので
自分のお気に入りのカラーを探してみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加