ウィッグが絡まった場合のお手入れ方法

ウィッグのお手入れで大変なのは髪が絡まること、特にロングウィッグや
カールがかかっているウィッグは絡まって大変な時がありますよね。

もちろん高品質のウィッグであれば、絡まりにくい素材でできているのですが
何度も使用していると全く絡まらないということはありません。

そこでウィッグが絡まった場合のお手入れ方法をご紹介します。

まずウィッグが絡まった場合は無理にほどいたりしないでください。
人間の髪と同じで無理にほどいたりすると、さらに絡まりが強くなったり
切れてしまうこともあります。

ウィッグを痛めないためにも無理にほどくのは厳禁です。

最初におこなうのはブラッシング!ウィッグ専用のブラシが
通販サイトで販売されており、静電気防止のブラシになりますので
まずは丁寧にブラッシングしてください。

ここでワンポイント。よく頭頂部からブラッシングする人もいますが
必ず毛先からブラッシングしてあげてください。
頭頂部からブラッシングすると絡まりがひどくなることもありますので。

ブラッシングをすることによって多少の絡みやほこりなどを
取り除くことができますよ。

でもブラッシングしても絡まりが取れない場合は
スプレーやオイルを使用することをおすすめします。

ウィッグ専用のシリコンスプレーやオイルなどのケア商品が
販売されていますので、それを使用するとスムーズになりますよ。

そのあとに時間があるようであれば、シャンプーをしてください。
シャンプーをすることにより汚れやほこりを完全に
落とすことができますよ。

もちろんシャンプーの後はリンスをしてくださいね。

ウィッグの洗いが終わったら日の当たらない場所で乾燥させてください。
耐熱性のウィッグであればドライヤーを使用してもOKです。
乾かす場所は風とおりの良い場所で湿度が低い場所を選んで下さい。

ウィッグを絡ませない方法は日ごろのお手入れが大切です。
使い終わった後はブラッシングすることで
絡まりを防止することもできます。

ウィッグを長く愛用したい場合はお手入れが必須です。
是非お気に入りのウィッグをみつけてお手入れをしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加